サーマクールでのたるみ治療について

代謝と血行を良くする炭酸パックを定期的なケアに

 

顔がたるんでる
ジェルや泡タイプなど種類がありますが、炭酸ガスを含みお肌にアプローチをする
炭酸ガスパックは、顔のたるみ解消に一役買ってくれるアイテムです。

エクササイズや筋トレをすることで、ボディは引き締めることができても、
顔の筋肉を普段から激しく使うことはあまりありません。

顔の筋肉が衰える

しかし炭酸ガスパックをすると、含有をする炭酸ガスの働きにより
自力では難しいと考えがちな顔の筋肉を鍛えることができます。

毛細血管が適度に刺激をされて働きはより強まりますから、顔の血流は良くなりますし
老廃物などは外へと出やすくなるなど、顔のたるみを撃退するにはうってつけです。

血行が促されて代謝も上がりますし、過剰な皮脂なども落としやすくなります。
気になるむくみにも効果を発揮して、さらにはリフトアップ効果にも期待ができる素敵なパックです。

脂肪が多いのが原因ではなく、顔のたるみは滞りがちな不要な水分が溜まっていたり、筋肉の衰えなども影響をします。
そのため外部からの程よい刺激が改善の糸口になりますし、パックという簡単な方法なら定期的に続けるにしても面倒にはなりません。

結果を急ぐときには集中して7日から10日くらい、欠かさずに使うこともできますが、
気長に続けるなら週に1回から2回を目安にすることです。

リンパの流れも良くしてコリをほぐすマッサージ

女性はエステが大好きですが、自分へのご褒美や美しくなるための自己投資でもあります。

そんな魅惑的なエステでは、顔のたるみを改善するフェイスマッサージも人気です。
エステでしかできないと考えがちですが、実は自分でも自宅でできるため、
日々の顔のたるみケアにも向いています。

自宅でのフェイスマッサージ

なぜ顔のたるみにも効果をもたらすかですが、適度な力でのマッサージは血行を良くして
筋肉のコリもしっかりほぐし、さらに不要なものを流れやすくするためです。

またあまり使わない顔の筋肉を無理なく鍛えることになるため、リフトアップ効果もあります。

老廃物などはリンパ液に溜まりやすく、滞留をマッサージにより防ぐことができますし、
順調に流れやすくなれば顔もスッキリして当然です。

自分で行う場合には、必ず正しい方法でやること、とても大切なポイントになります。
皮膚に無理な摩擦を加えることのないように、素肌を清潔にしたらクリームやオイルを塗布することです。

また皮膚をこするのではなく、適度な圧力を加えるのが、フェイスマッサージでは大事になります。
急いで強い力を入れてやるのではなく、時間はある程度かけて丁寧に行うこと、
肌への感謝と思いやりを持ってケアをすることも大切です。

  • ページトップ
  • 関心の高まり
  • 自己治癒力をたるみ治療の利用
  • サーマクールの症例
  • 不安の解消
  • 自分でできること
  • 引き上げる方法
  • たるみ治療するポイント
  • 成分チェック
  • PRP療法とは
  • 切らない人気のたるみ治療
  • フェイスリフトの種類
  • Solala Clinicのレーザー治療
  • 炭酸ガスパックとフェイスマッサージ
  • SITEMAP